読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サカサマのパテマ

2012年はおそらくアニメ映画の当たり年です。

なにしろ、予告の時点で面白そうなアニメが多い。

そんな中でも今日はこいつのご紹介。

「サカサマのパテマ」

とりあえず、現在公開されている映像をどうぞ。

予告ではなく第1話という位置づけで、ニコニコで公開されました。

どういうアニメになるのか、ものすごく楽しみです。

監督は、吉浦康裕。

この監督の作品は、「水のコトバ」「ペイル・コクーン」「イヴの時間」を見ています。

アニメが自主制作できるようになってから、出てきた監督の一人で、俺が見た中でも「水のコトバ」「ペイル・コクーン」は自主制作です。

そして、「イヴの時間」でもそうでしたがいきなり表示される、「スタジオ六花」は監督のスタジオで、HPを見ればわかるとおり個人サイトです。

最近のアニメーション制作会社としてはかなり小さい方で、どちらかというと個人スタジオに近いのではないでしょうか。

そういうアニメーションの作り方で、なんというか、物量で攻めてこない感じがします。

だから、手描きのアニメーションでやたらよく動くとか、アクションシーンの作画枚数が半端ない、なんてことはないです。

その代り、雰囲気はとてもいいですね。

あと、アニメに謎解きをあまりさせなくて、「イヴの時間」でも謎な部分はあったし、「ペイル・コクーン」でもまったく説明なく未来の世界を描いていたりする。

だけど、それを解き明かすところを本筋にしたり、そこで興味を引いたりすることを好まないようで、そういった謎を出しつつも、あまり触れずに最後まで解決させないんですね。

だから、どことなく不思議な感じがします。

それはお話しも演出もそうなのですが、あまり激しいアニメーションではないくせに面白い。

ゆったりしているのに、ほんわかしているわけでもなくシリアスなわけでもない、そういった空気感を見事に描いています。

作画監督:又賀大介

現在はWHITE FOXに所属しているアニメーターさん。

原画としてかかわっている作品は近年、非常に多いですが、作画監督としての代表作は「Ergo Proxy」や「コードギアス 反逆のルルーシュ」など。

キャラクター原案:茶山隆介

イヴの時間」でのキャラクターデザイン、作画監督を担当されていた方です。

美術監督:金子雄司

今は有名な、「魔法少女まどか☆マギカ」にて美術監督を務めていた、背景美術の方です。

CG監督:安喰秀一

イヴの時間では演出を担当していました。

色彩設計:井上あきこ

みつどもえ」、「ファイ・ブレイン」などで色彩設計を担当されていた方です。

動画検査:大谷久美子

同じく「イヴの時間」で動画検査を担当されていました。

音楽:大島ミチル

音響監督:Neue Welle

アニメーション制作:パープルカウスタジオジャパン

かなり新しいアニメーション制作会社です。

たまに制作協力などをしていますが、昨年あたりに出た夜桜四重奏OADのアニメーション制作などをやっています。

ちなみに重要な公開時期ですが、2012年というところまでは確定しているらしいが、正式な公開日程は不明。

この監督、自主制作をやっていただけあって、見事にオリジナル作品しか取り扱わず、今回もオリジナルとなっております。

これで、それなりの長さの劇場版だったら、またかなり面白いのではないかと期待している。

ちなみにニコニコで後悔されたのは、「サカサマのパテマ Beginning of the Day」といって、映画本編の序章にあたる部分だそうです。

ちなみにこれが第1話で、3月25日に第2話が公開されます。

イヴの時もそうでしたが、ネット公開することに本当に抵抗がなくて嬉しいですね。

そしてネット公開しても、このレベルの映画の短観上映なら喜んで行ってしまう、俺みたいな人間が世の中結構いることが、嬉しいです。