読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車の鍵にはセキュリティホールがある

たいていのママチャリにはデフォルトで鍵がついている.

そしてたいていはピンタンブラー錠である.

自転車の鍵は,基本的に走っている間は開けていて,止めているときに閉めておく必要がある.

そのためか,自転車の鍵は,錠前を閉めないと抜けない方式になっているものが多い.

つまり,鍵を開けているとき,走っているときなどは鍵が鍵穴に刺しっぱなしになる.

これは,「自転車に乗るときのみ鍵を開けて,そのほかの時は常に鍵を閉める」という前提条件があるときのみ,正常に鍵の役割を果たしている.

どういうことかというと,「自転車は止めたけれど,鍵をかけない」という状態が想定されていないのである.

たとえば,ちょっと古い自転車で,寒い日々が続く中毎日乗っていたりすると,鍵の部分もさびてきて,かなり金属部分の滑りが悪くなったりする.

そうすると,鍵を閉めるのにも一苦労,開けるのにも一苦労になってきて,「そろそろ番号式の鍵に変えようか」と思う頃合いを考えてほしい.

番号式の鍵を導入するのはいいのだが,デフォルトでついている鍵はどうすればいいのか.

「使わない」という選択肢を選んだ場合,走るためにはデフォルトの鍵は開いている必要があり,つまり鍵が鍵穴に刺しっぱなしになっている必要がある.

そして,「使わない」のだから,自転車から離れるときも(番号式の鍵をしたとしても),デフォルトの鍵は開けっ放しで,鍵も刺しっぱなしとなる.

これってセキュリティ上かなり問題がある.

もちろん自転車を盗まれることは考えにくいが,鍵を盗まれることは十分考えられる.

鍵をかけるような場所で,「誰でも閉めることができる鍵」をつけたままにしておくのは大問題だ.

ということは,デフォルトでついている自転車の鍵というのは,使わない場合は「使えなくする」必要がある.

さて,どうしたものか.

こんなものならいっそのことつけずに販売してほしいものだ.