読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UrlShortener for iOSを使ってみた

iOS swift プログラミング

iOS上で短縮URLを使いたくなったので,短縮URLサービスを色々と調べてみた.
実は短縮URL系のサービスはAPIを提供しているところが多く,そのAPIのURLを叩けば割と簡単に短縮URLを生成できる.
でもこれ,自分で通信部分を書くのって結構めんどくさい気がする.

というわけで,URLShortenerというのを使ってみた.

theaudience/URL-Shortener · GitHub


  • cli.gs
  • redir.ec
  • bit.ly
  • is.gd

この中から好きなサービスを選んで短縮URLが得られる.
ただし,is.gd以外は認証が必要になるので,自分でアカウントを発行しておく必要がある.
というわけで,今回はis.dgを使ってみた.

cocoapodsにする

ライブラリの管理はすべてcocoapodsでやりたかった.

theaudience/URL-Shortener · GitHub


ここには残念ながらcocoapodsの導入方法も書いてなく,cocoapodsに登録もされていないようだった.
仕方ないのでcocoapods化しておいた.

github.com




Podfileに以下の一文を追記するとインストールできる.

pod 'UrlShortener', git: "https://github.com/h3poteto/URL-Shortener.git"

使い方

var shortener = UrlShortener()
shortener.shortenUrl(longURL, withService: UrlShortenerServiceIsgd, completion: { (shortUrl) -> Void in
  // hogehoge
}, error: { (error) -> Void in
  // hogehoge
})


割と楽にいける!!

と思いきや,たまにうまく行かないことがあります.

Sorry, the URL you entered is on our internal blacklist. It may have been used abusively in the past, or it may link to another URL redirection service.

実はこれ一度is.gdで短縮したURLが,再びis.gdで短縮されるときに発生します.

つまりは,短縮URL化が二重で走っているんですね.

しかもこれ,shortenUrlメソッドのブロックでは,completeブロックとして扱われています.
なので,ちゃんとチェックしてやる必要があります.

var shortener = UrlShortener()
shortener.shortenUrl(longURL, withService: UrlShortenerServiceIsgd, completion: { (shortUrl) -> Void i
  if shortUrl.hasPrefix("http://") || shortUrl.hasPrefix("https://") {
    // 成功時の処理
  } else {
    // 二重に短縮化が走っている
  }
}, error: { (error) -> Void in
  // hogehoge
})

参考

qiita.com


d.hatena.ne.jp