読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遅れたけれどガッチャマンクラウズを全部見たよ

アニメ

一応、新規に始まるアニメにはひと通り全部目を通すようにしている。

今期も、そろそろ「自然に見たくなる」タイプのアニメは全部見尽くして、今週末にはまとめ日記が書けるかなぁ?というところです。

大体第1話見ておけば、その先は外さない。

自分の好みもわかっているし、面白くなりそうなアニメがかどうかは第1話で大抵わかる。

ただし、たまに外すことがあって、そういうアニメは放送が終了してから全部見返す。

というわけで、ガッチャマンクラウズを全話見ました。

話題作、人気作、というよりは、今期の変わりダネな気がする。

面白いとか面白くないとか、いろいろと周りの人が言っていたので、「迷いどころ」くらいなアニメだったんですが、見ました。

最後まで見られるくらいには面白かったなぁ。

「つまらないわけではない、でも絶賛するほどではなかったし、突出して見所を感じたわけでもない」

ガッチャマン自体は、全然親しみがないし、特にそこで期待しているところもない。

ただ、こういうヒーローものとしては、それなりの面白さだと思う。

絵の出来はいいので、バトルシーンとか動きとか見ていると面白いです。

あと、主人公がかなりポジティブで、面白いキャラなので、キャラで押している部分を多分に感じる。

そういう演出的な部分は楽しめます。

違和感は全然ないし、よく動くコンテに、動きの良い絵をつけられて、いいアニメーションに仕上がっている。

俺があまりヒーローものに親和性がないからかもしれないが、「世界を救う話」が出てくるまでは割と退屈だった。

そういう緊迫感のある話は見ていて飽きないのですが……。

事件は面白いところもあります。

ギャラックスというSNSの存在は面白いんだけど、メインはやはりヒーローものだし、宇宙人を倒すんですね。

だから、事件解決方法としてギャラックスを使うのは、やっぱりなんか違う気がするし、そこを押すならもっと事件として複雑にしてもいいと思うんですよ。

そういうオリジナル要素を出すのであれば、もっと使いまくって難しくした方が面白い。

逆に、最終回で見せたみたいに、他のガッチャマン達をしっかり変身させたり戦わせたりすることで、サイドエピソードをちらつかせるくらいなら、そっちで話を作っても面白いと思うんですよ。

なんだかそのあたりは実に中途半端な感じを受けました。

キャストを見ていてすごく意外だったのだけれど、パイマンって平野綾なのね。