読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿澄病bot機能追加のお知らせ

先日公開した阿澄病bot、機能追加した分のご報告です。

http://twitter.com/asumi_syndrome

①動画の存在確認

つぶやく前にURLにアクセスして、動画が生きているかどうかを確認してきます。

なので、既に消去されている動画についてはつぶやきません。

②ユーザ側からの動画追加

現状、ニコニコ動画YouTubeだけに対応しているbotなので、その2つの動画サイトのみに対応しました。

動画のURLをリプライでつぶやくと、その動画をDBに追加します。

ただし重複しないようにしてあるので、同じ動画は追加されません。

一応、その際には結果をつぶやきます。

そのへん、まだ台詞は暫定的ですが。

あ、普通のリプライに対しては、今までどおり阿澄病治療動画を返信します。

そのへん、youtubeniconicoのURLを検出させているだけなので、それが含まれていなければ、作動しません。

そんなところですね。

Userstreamを使わずに、逐次実行にしてある分、エラーの対処も緊急性がなくて楽です。

APIの制限も。

その分、cronの設定を綿密にやってあります。

調節もちょいちょいやって、ようやっとマトモに動くようにはなってきています。

まぁbotといっても、ほぼ見るだけです。別に反応が楽しいbotでもないので、動画はちゃんと毎日違うものをお届けしたいですね。

そのへん、ニコニコ動画は結構上手く行っていると思うのですが、YouTubeは難しいですね。

まだ調節しなきゃいけないです。

今後の実装予定。

■台詞を増やします

阿澄語録をDBに作る形になりますが、おそらく台詞自体は手動で用意しなきゃいけないでしょう。

言語処理がしたいわけでもないので……会話的な機能をあまり充実させるつもりはありません。

■紹介する動画の出現頻度調節

Youtubeとニコニコですが、今は半々でやっています。

ただ、DBに登録されているレコード数は、ニコニコの方が圧倒的に多いので、こっちを優先的に拾い出すようにしたいですね。

Youtubeとニコニコ、半々だとどうしてもYoutubeの方が数が少ないので、被る。

あと、動画サイト自体の傾向として、タグ付が機能していないYoutubeだとノイズが多いのであまり使いたくない。

最近気づいたんだけど、この手の病で最大手は釘宮病だと思うんですよ。

あっちはちゃんと型もあるし、有名な定型句もあるじゃないですか。

おそらく患者数的にも負けているわけですね。

もう釘宮病タグ検索(onニコニコ動画)だけで、阿澄病とは1542:28で圧勝なわけですよ。

これってマーケティング的には釘宮病で同じ機能のbot作ったほうが、よっぽど流行るし成功するんでしょうね。

まぁ俺は釘宮病にはなれないし、好きでもないので作る気がまったく起きないのですが、釘宮病の方がおりましたらご連絡お待ちしております。

一緒に作りましょう。