読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政府なんて……の話をもう少し掘り下げてみた

「聞いてますよアザゼルさん」の公開録音に当選した!
夜の部なので,参加される方々はよろしくお願いします.
当選したからにはメールをしっかり送らなければ…….


あと,7月頭のブックフェアに行こうと思うか迷っています.
電子書籍時代に出版社は必要か?」を聞きに行きたいんだけど,朝10時半というのは若干早いのと,聴講料は無料でもブックフェア自体の入場料がかかる気がするのですね.

 

さて,
久しぶりにtiwtterからネタを拾ってきました.
カギがかかっていなければ容赦なく面白いものは引き抜きますよ.


*****:極端な話、政府なんていらないんだよ。集団ごとにルール決めて自衛すれば法律も警察もいらないし、治水や整地、道路敷設だって自分たちでやればいい。大多数の人間にとって不利益しか無いなら政府なんて消えてしまえ。


まったく関係ない人から,「それが政府なのではないの?」という質問があったのだけれど,下の発言の通りです.


*****:いわゆる、政府なんてご立派なものなんていらない。ご近所付き合いで、川が氾濫するから堤防作ろうぜ!レベルでいいんだよ、ってこと。ただそれが言いたかっただけなんだが…

これは,たとえば州政府のような,人数が少ない集団とその政府を作ればいいのか,それともまったくの無政府状態がいいのか.
戦国時代みたいという意見もあったのですが,戦国時代はどちらかというと州政府の方が近いのでしょうか.

 

言いたいこと,気持ちはよくわかる.
俺は決して無政府主義者ではないのだけれど,こういう形で政府に絶望する気持ちはよくわかるし,なんとなく「あれ?これ自分たちでやった方がまともに回せるんじゃない?」と思うことがある.

これは,単純に,人数がある程度以上増えると難しくなることとは違うの?
たとえば,ニコニコ動画みたいなものがあって,最初は目新しいものに飛びつくやつや,ネット世界で長く生きているオタクたちばかりが集って楽しくやっていた.
でも,そこが収益になるとわかると,規模を拡大していき,面白いものがあると一般人も食いつくようになって,やがて全然関係なかった方面の人たちまで利用(とくに配信)するようになる.
そうすると,結局一番最初に飛びついたやつは「今のニコニコ動画は面白くない」という人が増えてしまって,出て行ってしまう.
そこに,無理やりつなぎとめようとすると,ちょっとのことで炎上したり無駄に過剰に反応されたりするから,まともにコミュニティの意見が吸い上げられないし,効率のいいシステムにならない.

だから,州政府というのはあながち間違いではないのだけれど,どうも元ネタのツイートの方はもっと小さいコミュニティの話になっているよね.

小さいコミュニティならそれはそれで,勝手にやっちゃえばいいんでないのかな.それは面白そうだぞ.
「勝手にやるにしても政府は存在して,国民である以上税金は払わなきゃいけないじゃない」
確かにそうだ,だけれど税金というのは勝手にやっちゃうコミュニティに関しては非常に弱い.
なぜなら,しょせんお金を取るシステムでしかないから.

ご近所づきあいですべてのことを賄うのであれば,カネなんて無駄で効率の悪いものを介する必要はない.
だから最低限の,たとえば固定資産税とか住民税はかかるのだけど,消費税も所得税もなくなる.


まぁさすがにそこまで行くと,かなりヤバイものな気がするのですが,機能的に問題があるようには思えない.
何か問題があるとしても,それはコミュニティに所属する人間のバリエーション(職業とか住んでいる場所とか,単純に能力)でカバーできる範囲でなんとかなるのでは?


と,もともとが愚痴なのでこのくらいですね.個人的には面白そうな気がします.

 

おそらく今どの政府にも税金を納めないで生きていける人って,かなり少ないのではないかと思う(ここはよく知らない).
そうすると,どこかに税金は納めなきゃいけないのだけれど,サービスの方に不満がいっぱいある.いや,税金の方にも不満はいっぱいある.

政府っていうのは,住民税であったり所得税であったり消費税であったりと,いろんな形でお金を集めて,学校だったり保険だったり,それこそ生活保護だったりといろいろな形で国民に返している.
それは,再分配という意味合いもあるのだけれど,基本的な考え方として「税金を集めてサービスを提供する」という仕組みをしている.

これってたとえば俺たちが日常的に利用するインターネットとか携帯の通信料と同じ仕組みではないか.

不満があるのであれば意見や文句を言ってサービスの形態を変えるのはアリだ.そういう仕組みは,民主主義という形でしっかり存在している.
だけど,もっと手っ取り早く,俺たちは物凄く不満なことがあれば,携帯のキャリアを変えればいいじゃない.
引っ越した時は一番安いインターネットのプロバイダを選ぶし,iPhone導入しないからとドコモを選ばないのはよくある話だ.

だとするなら,政府も選択できるようにしてしまえばいいじゃない.
いや,地方自治体が土地に根差していることを考えれば,もしかして逆に俺たちはスナフキンになればいいのではないか.

 

ここまで来ると国民スナフキン化計画になるのだけれど,その手前までの,政府を選択するというのは面白そうな気がする.
「税金を集めてサービスを提供する」というのであれば,一番その効率がいいところに所属するのがもっとも賢い.
いや,携帯の料金もインターネットもニコニコ動画のプレミアム会員料金も,今やあまりにも日常的に「サービス」に関して一番効率がいいものを選ぶことを平然とこなしている.
もちろん,現状で考えるなら「台湾に移住するか!」とか,どこか別の国に移住するという話にしかならないのだけれど.

でも,そういう移住を友達間でできたら面白いな.