読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるふわ空気系から疑似家族

そろそろ1月が終わりますよね.

基本的に時間の経過は振り返ると早く感じるものですが,12月とか1月っていうのは,正規の長さの中に,「年末」とか「正月」っていう月が存在している感覚があって,余計に今月は短かったように感じます.

ニコ生でちょっと前にやってたピングドラムをオタク達が語り合う,「徹底評論!輪るピングドラム」を見たりしていました.

ここでも出てくる,疑似家族.

前にも話したけど,ゼロ年代が終わって,ドラマやアニメといった分野では,最近疑似家族が空気系の次代として頭角を現しつつある.

宇野氏の言葉を借りれば,エヴァによって「親の中に引きこもることからの自己肯定」が表現され,ゼロ年代中期には,コードギアス等を筆頭に,それに抗う「テロ」が描かれる.

そしてゼロ年代後半では,そのような荒っぽい手段をまったく見せない,ゆるふわ,空気系という新しい自分や自分の仲間といったものの肯定.

さらにゼロ年代が終わった後に出てきたのは,その絆をさらに深めるが,エヴァのようにがっつりとした血縁のみで構成されない,疑似家族というものの登場.

とても面白かったですね.

さて,

偽物語で,ついに忍がしゃべりました.

キャスト変更で,坂本真綾になっていたのでかなり気にしてはいたんですが,ようやっと喋りました.

案外普通だったけどw

最近,ビタミンMも欠かさず聞いていたりして,多分かなり坂本真綾ファンな気がする.

菅野よう子が提供している楽曲がやたら多かったことを除いても,かなり坂本真綾ファンだと思う.

なんだかわからないけど,毎週金曜深夜にビタミンMを聞いて,幸せです.

あと,最近菅野よう子作曲じゃない曲もかなり聞くようになってきて,本格的にそのうちライブとか行きだすかもしれない.