読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔はよかったの話をしようと思ったんだけど、そんなに積った話もなかった

いつの時代も、「昔はよかった」という人は絶えず、新参者からすればなんだかわけわからない話を聞かされる上に、大抵なんのためにもならないことが多い。

そういう俺も、「PE'Zは昔のは聴く」とか「東京事変は昔のは聴く」とか「ゼロ年代のアニメは2005年までのものが好き」とか「エヴァは旧作派」とか「ルパンは緑ジャケ」とか「好きなコナンは未来少年」とか「菅野よう子COWBOY BEBOPやWOLF'S RAINをやってた頃が好き」とか。

いい加減そういうことを言うので、懐古中だといわれる。

さて、

そんな懐古中が二度見した。

東京事変解散」

陶酔していた、とは言わない。

追っかけをやっていたわけでもない。

同期のメンバーにしかわからない話をすると、純平に負けるかもしれないくらいに好きだったかもしれないけど、新谷良子のライブよりは楽しみにしていくであろう。

よくわからない価値観を披露したかもしれない。

どこで出会ったのかは全然覚えてないんだけど、多分ヒイズミがピアノやってたからだと思う。

多分、群青日和はヒイズミが作曲をやっていたから聞いた。

知ってからそんなにしないうちに、ヒイズミはやめちゃったけど。

はまり具合は、それなりという程度だったかもしれないけど、長い間見ていると思い出深いこともある。

俺はおそらくこれのおかげで、本科2年の時にたまたま近くの席になった純平や小熊と仲良くなったし、DynamiteのライブDVDを借りたりもした。

Potechi時代に仲良くなった友達とも話があったし、キラーチューンを教えてもらったりもした。

知り合いがやっていたライブに行ったときに、たまたま聞いたりしたのもあった。

もともと、椎名林檎のバックバンドという位置づけが大きくて、東京事変だからといって明確に分けているともいえない。

だから、解散したからといって、何かものすごいモノが失われた感じはしないんだけど。

結局行こうかと思っていたけど、一度もライブには行かなかったなぁ。