読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【お送式】久しぶりにこの雰囲気を味わって満足

絶望

はい!生き返りました。

ちょっと学校の発表の予稿の締め切りが今日でして、よくこのすごいスケジュール状態で俺は先週実家に帰ったり、スキーに行ったり、オタキングexの入社説明会に行ったり、絶望放送のファンイベントお送式に行ったりしていたものだな、と思います。

正直きつかったです。

そのために30日から3日まで毎日学校に通い詰めたんじゃないか。

生協やってないし、誰も人来ないし、寒いし。

ろくなものも食べてなかったおかげで風邪ひいたけど、とりあえず予稿は完成しました。

なんだろうね、慣れたのかな、こういうことに。

期限ぎりぎりになってやるのは、もうかなり前からだけど、いい加減手慣れてきた。

直前になってからやる方が、頭が働くし、ぴったりまとまる。

あと、予稿みたいの書くのも慣れたんでしょうか、かなり練り上げてから持って行ったからなのでしょうか。

教授と助教の予稿チェックは一発OKだった。

助教はともかく教授が適当だからかもしれないけどね。

まぁ内部向けの発表で、しかもまだ修士1年なんてそれほどガッツリ進んでいるわけでもない。

おまけに隣の専攻では予稿がいらなかったりするから、「そのくらいのもの自分一人でなんとかしろよ」っていうことなんだと思っておきます。

そんななかでも1月開始アニメはきっちり見ていて、とりあえず今日は「見るアニメがなくなった!」状態です。

そしてまんま肉まんが食べたい。

さて、

詳細なレポートを上げてはいけないと、どこぞの谷怨風にアナウンスがあったので、詳しくは書きませんがお送式の感想を書きましょう。

これは去年の8月に終了した「さよなら絶望放送」というインターネット配信のラジオに心を奪われた、絶望リスナーと呼ばれる絶望的な人たちが、本編とは全く関係なく勝手に集まって勝手に盛り上がったという、非常に楽しいイベントでした。

場所は、新宿ロフトプラスワン。

主催してくれた方、ありがとうございました。

今回は、さよなら絶望放送らしく、公開録音風な収録を行いました。

絶望放送終了後にニコ生で配信していた「笑・さよなら絶望放送」という、ファンが勝手に声真似をして、ラジオの真似をして配信するというものだったんですが。

その公開録音という形になっています。

あのさ、説明すればするほど、絶望放送についてはリスナー主体な部分が大きすぎて、なんなのか説明しきれないよw

で、俺は知りませんでした。

本当に、笑・さよなら絶望放送についてはこのときはじめて知りました。

ファンが勝手にやっているイベントなので、檀上に上がるのも素人です。

公録をやるのも、みんな素人ですww

そういう楽しいイベントでした。

前に構成Tのイベントに行ったり、座で会ったりした人がいたので、少しは話せる人もいました。

イベント本番中は俺、あんまり話してないけど!

でも、普段twitterで見かける人とかいっぱいいたんだよね。

あと驚きの新事実、これは帰ってきてから知った。

俺の隣の席の人、俺が専攻科1年の夏にインターンで行った先の企業の方だったらしいです。

どうなっているんですか、絶望放送

みんなで持ち寄った、さのすけ

まるで大量殺人現場のようである。

ロフトプラスワン入口。

そのあと飲んだりカラオケ行ったりもしました。

ありがとうございました。

またみんなに会えたらいいですね。