読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2011年のアニメを!①うさぎドロップの後味はあっさり

今日はうちの研究室の教授とコミケ行ってきました!疲れた,もうやだ,寝たい.
そして会場で,うちの研究室の留学生にも会った.佐藤研真面目だな!(こういうところには

 

さて,
ちょっと連続更新を本気でやる気です.

2011年,気づいたらもう終わります.なので,今年のアニメを全力で振り返って力尽きようと思います.
今年,世間と俺の心を本気で震わせたアニメたちの話を頑張ってするので,別に全部見なくてもいいです.


うさぎドロップ
STAR DRIVER 輝きのタクト
あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない.
Fate/Zero
花咲くいろは
輪るピングドラム
魔法少女まどか☆マギカ


こんなラインナップにするつもりですが,後半行けるかな……難しいのを後回しにしているのがよくわかるw
無理そうだったらあんまり話すことのないやつから削ります.


とうわけで第1回目!「うさぎドロップ」.

 

夏のアニメで1クール.

テレビアニメと映画公開を同時期に公開するという新しい手法で攻めてきましたが,終わってみれば実写映画の方はそんなに噂を聞かなかった気がする.
むしろテレビアニメの話題で持ちきりかと.

原作は,はっきりいって読んでませんし,アニメの話をするつもりなので,原作だとどうなる!みたいなことは言いません.


割と絵柄もほんわかしていて,音楽や演出の雰囲気づくりもよろしく,非常に口あたりのいいアニメだったので毎週すんなり見られましたね.
いい意味で怖がるところはなかったので,落ち着いてみられるアニメでした.

世間では,「りんちゃん可愛い」これに尽きる.

なんでこれが流行ったのは,ちょっと憶測も憶測だろっていうレベルの話をしますが,このブログはだいたいそういうところです.

 

かつて,エヴァンゲリオン後,セカイ系と呼ばれるアニメの大ブームがありました.

これがやがて収束し,次なるものとして,萌えアニメ,とは言いませんが日常系のアニメが非常に多くなった.
そしてもはやアニメという文化はオタクという限られた人種のみによって流行が決まるものではなくなってしまいました.

アニメオタク達は初めのころこそ,暗い雰囲気や毎回殺伐とした展開が多かった2000年代初頭のアニメブームを盛り上げていましたが,まぁ10年もたてば飽きる.
そうして出てきた,昨年あたりまで栄華を極めた日常系アニメ.とくにけいおんなんていうアニメはその象徴ともいえる盛り上がりっぷりですね.

しかし,日常系アニメってつまりは内容的な進展がほとんどなく,どの部分で持たせるかというと,キャラクターそれ自体の魅力や,雰囲気,そういうもので持たせるしかない.
そしてもともとアニメというのはオタク文化発祥のものですから,どうしてもキャラクターというと萌え系文化に近いものが多い.
その結果,日常系アニメとはいえど,まだまだ一般人からみたら気持ち悪いオタクが崇拝しそうな女性キャラを目立たせるものが多かった.

ここで新たな展開を見せ始めたのが,「うさぎドロップ」というアニメだと思います.

つまり,萌え系文化につながるような女性キャラではなく,その代わりになるものが子供です.
萌えというより,母性とか父性に訴えかけるキャラを出してきた.


世の中,就職率と反比例するように上がり続けている独身率.
結婚するのは今の世の中かなり大変,みんながみんな結婚できるわけじゃない.
でもね,これは俺の周りだけじゃないと思いますが,「子供は欲しい」っていう人,結構多いと思うんですよ.

結婚したいとか,嫁がほしいとか,あずにゃんぺろぺろとか,そういうものをすっ飛ばして「子供が欲しい」っていう人は結構多い.


この前も書いたかもしれないけど,恋愛とか結婚とか,就職とか,そういうことに関して現代人はかなり面倒くささを感じています.
だけど,子供は育てたい.

このアニメ,別に父親になるアニメじゃないんですよね.
父親として,りんちゃんを育てようとしても,りんちゃんが嫌がるでしょ.
だから父親になろう!とかそういうアニメじゃない.
そうじゃなくて,子供を育てたい.
それはシングルマザーと付き合うのでもいいし,このアニメのようにじいさんの子供を預かるでも,なんでもいい.
自分の子供じゃなくてもいいから,子供を育てたい.

そういう形が上手く反映されて,多分見ている人も,このアニメを見て父親になりたい,と感じるより先に,大部分の人が子供を育てたいと感じる.


そこが上手く合致して,いい感じに流行ったアニメなのではないでしょうか.


この種のアニメがこの先増えていくのかは全然わからない.
でも日常系アニメの新しい萌えアニメの形として,非常に興味深い状態を作り出していたと思います.

おそらく,「萌え」という言葉が初めて登場したときの,本来の意味を考えると,非常にぴったりくる萌えアニメだと思います.

 

まだ見ていない方は,是非見てください.
面白いです.